風水師匠 家の壁をぶち破る工事され、生死彷徨う羽目へ | 九星気学・家相コンサルタント菜高綾美 開運鑑定roomーーー

開運への道

開運への道

風水師匠 家の壁をぶち破る工事され、生死彷徨う羽目へ

昨日に引き続き、師匠のお父様
福岡の
大師匠(80代)が、お若い頃に、
まだ、この世界には、居ない頃

有名鑑定士おばあさんに止められた
リフォーム

『そげんこつ、関係ないばい❗️
今やる❗️俺は信じんばってんね!
迷信❗️迷信❗️馬鹿らしい❗️

柔道で鍛えておるし、大丈夫たい❗️』
(福岡弁)

奥様も、おばあさんも、止めたのに
大師匠は、速攻で、業者さんに言って
壁をぶち抜いて工事してしまい


他界しそうなほどに大変な
思いをされた時のお話です。
(かなり、ぞくっと来ます)

おばあさん鑑定士さんは、
お父様師匠の
生年月日からみて、お住まいの

図面をみて、こうおっしゃったそうです。


「いま、この壁をぶち抜いたら、、あんた
身体に二度 メスが、入るよ。

そして、二年間は、休養せん
ばならんごつなる。

今はやめとくこっちやな!」

負けん気の強い大師匠は、無視して

問題の玄関をぶち抜き、
玄関の脇に六畳ばかりの
事務所を構えて こちらを拠点に

師匠のお父様は、お仕事忙しく

走り回ったそう。

ほどなくした頃に
とても忙しくされておられ
ましたが、、、

真夏に、猛暑の中 倒れられた
そうで、、、まさに、予言のままに。。


食べた物が、下がっていかず
吐き続ける毎日となり、


起きていられなくなられ

救急車にて運ばれ。。。

命に関わると言われ
手術になり。3日経っても、

吐いておられ 再手術になり。。

奥様は 真っ青で、
おろおろされるばかり。


腸捻転だったそうで、数ヶ月
して退院され
ご自宅に帰宅されたけど、

また、、ねじれて 結果的に2回
お腹を切ったそうです。
。(2回メス)


その後も入退院繰り返され三年ほど、

まともにお仕事など、
出来なかったとのこと。。

この様になってお父様師匠も、

考え方を改めて、目には見えないけど

存在する自然からの法則。


家相(家の形、間取り)や、風水に、
目を向ける様になられたとのこと。
二級建築士の、免許も、取得され。


家の解体や、移転に伴って続く
ご不幸 実例は、数多く 実在しており


長年住んで来られたお住まい
壊した途端に

他界されたり、道路拡張にて、
お家を壊された後に

ズラリと町内中に、不気味にも
忌中の札が並んだり。。


大木を、、突然切り倒すことも
住まわれておられる長老の方

ご主人さんに、災いきたり。
持病あった方が悪化されたり、


亡くなられるお話は 耳に
しておられる方は
少なくございません。

菜高綾美の母も 10年前に全身癌が、広がり
他界しておりますが、、、

菜高綾美 開運鑑定roomーーー✨
の、
HPトップページにも、シェア
させて頂きましたが、
こちらの、身をもって体験された

師匠のお父様の、大師匠が、鑑定して
下さったのです。

まさに、ご縁とは 小説より奇なり。

ひょんなことから
出会うのでした。。福岡大師匠より、
お電話が、鳴ったのでした。


福岡まで行けないため、
資料を送ったりお電話とか、図面とかの


やりとりをさせて頂き、今思えば
全くの知らない方に 鑑定して頂き

大凶相のこの、敷地内の、家二つから
起きていたことは、薄気味悪いほど、


私たち家族の
病も起きていた災い事も、隅々まで

当てておられました。。。
(あのときの鳥肌今でも
記憶に深くございます)



母の病も話して居なかったのに、
九星気学からみて、土地の図面をみて

生年月日からで そのまま、
答えはございました。


母は、わざわざ、この家を購入して、
暮らしていくことで
三碧木星のために、

大病になって行ったことが、


今の菜高綾美になら、

とても、把握出来ますし 
うなづけました。


可哀想に。。。
m(_ _)m💦

小さいけど、負けん気の強い
くわえたばこで、

掃除機をかけて走る母で
三碧木星のままの、性格で

さっぱりしていて、口は辛口でも


気性が、激しく突然怒りますが
でも、後腐れ無く

スパッとしこりを残すことは
無かった。面倒見のある
姉御肌の人でした。(*^_^*)


病院に、お見舞いに行くと
高い階の上の窓から (五階だった)


小さい体を大きく手を振って
ありがとう!を伝えてくれていました。



車椅子での院内移動になり。。。


その内に だんだん、、
動けなくなり、、、


管に繋がれて寝ていることも
ままならぬ母


苦痛でなのか、痛み止めで、
寝ていても 眉間にしわで、


お見舞いに行くたびに
切ない思いでした。


病とは 本当に、なにもかも
持って行ってしまう、憎きやつなんだ、、、

と、体感しました。。


今の家は思えば当時


10カ所も、凶相、それも、大凶相。


よく生きて居たな、、、
と思うほどの厳しい家でした。
(現在は、吉相へと、施しました)


菜高綾美は、その頃、家相(間取り、家の形)
のことには未知でした。


知ってはおりましたが、、、。



その当時ネットで、観たりして


この家が大凶と、知り
変えて行くには。。。はて。


解体するには 200万と、
解体業者さんには、言われ。。。


『とりあえず、このままの
家相(家の形、間取り)
だと、御子息のお付き合いしている
娘さんが、、かなり危ないですぞ。。

絶対、このままの状態で、
引っ越しさせたり
住まわせてはいけない!』


とのことでした。もう一人
セカンドオピニオン的に


実は、先にもうひとかたの
九星気学メイン先生にも
鑑定して、見てもらいましたが


両者様とも同様の見解でした。


疑う余地もなく、、、。


彼女さんは、
他界した母と同じ三碧木星さんなので、
コの字に 大きく大欠けしてる

東30度内の庭が まんま、
内臓えぐられるように、


手術 繰り返すということ。
肝臓が、気をつける部位ということ。

(母は、肝臓から、始まり膵臓、
骨にまで大病 広がりました)


三碧木星さんたちの気をつける病の中に
『肝臓』がございますが、



息子の話では、彼女さんは、主食食べずに
ご家族して、おかず食いさん達との事


。。。。。


体質改善への道鑑定でも
お知らせさせて頂いております通り


お酒のおつまみとしても、
普段でも 主食では無くて


おかず(副食)ばかり多く摂る
おかず食い


要するに、副食の大量摂り方は、
お身体が、処理して行くのに


炭水化物以外は 負担をかけてしまうので、
肝臓やられます。


お身体に良いと思って
あれこれ、食材の摂り過ぎは、


逆効果なのです。お身体は、
酷使されていきます。



なので、、まさに
彼女さんは、危機一髪でしたけど、、



よく言います『引き寄せられて』
肝臓 壊れて行く屋敷に
来て居たということに、

運命を感じました。。。(あのままなら)


今ももしおかず食いしておられるのなら、
早かれ遅かれ 肝臓は、やられます。


息子には早めに変えて行く様
伝えてあげて💦
と、言いましたが、、。


ご家族で、そういう方針とかなので、
言いづらいと言っておりました。。


母子家庭さんらしく、
お母様も、お二人の娘さん育てておられ


『今待っててくだせい!
菜高綾美が、おねい様も、
お母様も、呼び寄せて


健康に豊かになっていく吉相ハウス
ビルにして、


お口に入れて行くのも健康的なことで
お伝え致しやす❗️』


と、心は叫びました。。
一緒に人生後半戦を


笑って過ごして行けたなら
どんなに楽しい事でしょう。
母子家庭で、きっと


お母様は、たくさんご苦労してきたことと
思いますm(_ _)m



まだ、ご紹介して頂いてないので
お話ししたことは無いですが、、、。
菜高綾美より、年齢は、少し上のように


息子より耳にしております。



菜高綾美の、


母は、お腹の傷が
魚の活き造りの骨の様に 手術痕として


異様に たくさんございました。。
セーターをめくりあげると、


ふざけてペンで書いたような、
かぎ裂きだらけの縫ったあと。。。。



とにかく病院とは、手を繋いだ人生。
手術ばかりしており。。
痛い想いばかりの人生。


胆嚢も取ったり、胆石も、取ったり。
(胆石は、もっと昔からありましたが)


いつも、痛がって薬 薬の人でした。
薬の飲み過ぎも、なおさら
肝臓やられるのに



教えても、お医者さんを崇拝しており。。


聞く耳を持ちませんでした。。


76歳で、他界するのも 母の宿命。


ですが、このまま、残された私たち
息子、父、菜高綾美
彼女さん

(彼女さんの、おねえ様、お母様
のことも、気になります)


 そのまま、
大凶相の家になど居れぬし


決断して 解体よりは、リーズナブル
でしたし、速攻に、早期に出来るので


結構考えたつもりでしたが、



今思えば 性格的に、速攻
迷わず師匠信じて

太喜君(炭カーボン製品)埋炭法
したという形でした。


それに、、その頃すでに80代の父が
いたので、


『解体など、もってのほか‼️』
『だめ!だめ!お父様殺す気ですかい!?』


とのことで、、
かなり、かつを入れて頂きました、、
大師匠に。(๑>◡<๑)

懐かしい思い出です。笑

なまりフエチの、菜高綾美は、
方言が、とても、心地よくて


ウキウキして 人生が
塗り替えられていくこと
になつたのですね。(*^_^*)



そこから、菜高綾美が、縁して
家相(家の形、間取り)の学びを
深めて行くのでした。


こんなに、身近に凄い当たってる
ことをめのあたりにし、


どうしても、自分もたくさんの方たちへ
教えてあげたくなりました。
m(_ _)m



今思いますと 使命として
させて頂くため
菜高綾美は、体験させてもらったのだ、、、


と、鳥肌でした。
菜高綾美の病も、息子も、父も、


今は、快方したり、
全治に至り お蔭様で落ち着きましたけど


あのままなら、どうなって行ったのか。。。と
考えたくないほどの大凶相でした。

長くなりましたが、、、
師匠も 師匠のお父様も、
菜高綾美も、


土地から来る磁場力の、吉凶を嫌というほど
体験させて頂き、本当に、

悔しい❗️
ᕦ(ò_óˇ)ᕤ‼️


凶禍なんて、、くそ食らえ!


そんなことで、一人でも泣く方達を
減らして行きたい❗️負けさせたくない‼️


と思って現在が、ございます。



なかなか、信じて頂けない
見えないチカラ、想いのチカラのこと。。



優しいアナタのご家族、お住まいは
大丈夫でしょうか、、?



「いつまでも無いと思うな運と災難」


最上級の大どんでん返しが、来る‼️



最後には 全てよくなる‼️



運の氣を新しく塗り替えて行きましょう❣️



いつもありがとうございますm(_ _)m✨
吉方位へのご相談承ります✨



一般社団法人 日本健康食育協会
ジュニアマスター資格取得
お住まいから、運気と人生を
アップデート⭐️

九星気学、吉方摂り、家相コンサルタント
菜高綾美 開運鑑定roomーーー✨

PAGETOP
ページトップヘ